LINEモバイル引っ越しなどで運転免許証の住所が違う対策は?簡単な本人確認書類は健康保険証+住民票でOK!

LINEモバイルに申し込みたいけど、引越しで運転免許所に記載されている住所が違うけど申し込めるのかな?って不安な方いらっしゃいませんか?残念ですが本人確認書類としては使えません!
運転免許証が一番簡単な確認書類ですが、中には持っていない人もいますよね。他にはどんな本人確認書類があるのでしょうか?
住民票?でも、わざわざ区役所まで取りに行くのも面倒(>_<)

そこで、今回はLINE MOBILE(ラインモバイル)の申し込みに必要な本人確認書類について調べました。

記事の目次
 ・ LINEモバイルで使える本人確認書類とは?
 ・ 運転免許証以外で一番簡単な本人確認書類とは?
 ・ LINEモバイルの本人確認書類の提出方法って?
 ・ LINE MOBILEのキャンペーンが大チャンス!
    ▷ 春の新生活応援 月額基本利用料 無料キャンペーン
    ▷ LINEモバイルデビュー応援キャンペーン
    ▷  MUSIC+利用特典30日間無料チケットプレゼント

LINEモバイル公式サイトはこちら



◇ LINEモバイルで使える本人確認書類とは?
LINEモバイルで使える本人確認書類って意外と多いんです。まずは、本人確認のできる書類をまとめてみました。

・本人確認書類一覧
運転免許証
運転経歴証明書
日本国パスポート+補助書類
在留カード
特別永住者証明書
住民基本台帳カード
健康保険証+補助書類
後期高齢者医療被保険者証+補助書類
届出避難場所証明書
身体障害者手帳
療育手帳
精神障害者保険福祉手帳
特定疾患医療受給証+補助書類
特定疾患医療登録者証+補助書類


あれっ?住民票は?って思いませんか?
そう!
住民票では本人確認書類とは認められていないんです。
しかも、有効の本人確認書類も微妙ですよね。「特別永住者証明書」って何?って感じです(笑)
一般的に持っていそうな本人確認書類と言ったら「運転免許証」もしくは「パスポート」くらいですよね。中には「運転免許証」も「パスポート」も持っていない人もいますよね?持っていても数年単位の更新で住所が違うけど大丈夫?って思う人もいると思います。本人確認書類としてはどうなんでしょうね?

menkyo_blue.png
◇ 運転免許証以外で一番簡単な本人確認書類とは?
実際には、本人確認書類の中身ってなにを確認するの?って思いませんか?
本人確認書類で重要なのは3つ!
「名前」「住所」「生年月日」
この3つを確認できる書類を提出しなくてはいけません。

運転免許証であれば「名前」「住所」「生年月日」がスグに確認できて簡単ですよね!やっぱり便利です!
ですが、引越しなどで住んでる住所と運転免許証の住所が違うって人、結構いると思います。
運転免許所の住所を変更届を出すには、区役所に行き「住民票」をとって、その住民票を持って警察に行き手続きをしなくてはいけません。それからLINEモバイルの申し込みって考えたら、めっちゃ面倒ですよね(>_<)


そこで簡単なのが、「健康保険証」+補助書類の「住民票」です!

補助書類は、「住民票」「公共料金領収書」の2つが認められています。「住民票」より「公共料金領収書」の方が簡単そうって思うかもしれませんが、皆さん水道や電気、ガスの支払いってどうされていますか?銀行引き落としやクレジットカード決済にしていませんか?

「公共料金領収書」が認めらるのも住所が確認ができるものになります。なので、コンビニや金融機関での支払い用紙が送られてきた物しか使用できません。もし振込用紙で支払ってるって人は、「健康保険証」と「公共料金領収書」でスグにLINEモバイルに申し込み出来ますよ!

注意しなければいけないのが、「住民票」「公共料金陵収書」どちらも発行から3ヶ月以内、本人の名前で現住所が確認できるものに限ります。なので引越した当初の公共料金領収書を使おうと思っても期限に注意しなければいけません。
syorui_juminhyou.png
やっぱり手に入れやすいものだと「住民票」ではないでしょうか。今なら「住民票」も、わざわざ区役所に行かなくても「マイナンバーカード」を使えばコンビニで簡単に発行できます。今からコンビニに行って「住民票」を取ってきてLINEモバイルの手続きをしても1時間もかかりませんよ!

・住民票が取れるコンビニ一覧
セブンイレブン / ローソン / ファミリーマート / サークルKサンクス / セイコーマート / イオンリテール / セーブオン / コニュニティ・ストアなど

手続き方法は簡単です。コンビニにあるマルチコピー機にて「住民票の写し」が発行できます。
コンビニでの操作はどこも一緒なので、やり方書いときます。

①メニューの選択。各コンビニのトップ画面に「行政サービス」のボタンがあります。
②マイナンバーカードの挿入
③暗証番号の入力
④カード取り外し
⑤証明書の選択。「住民票の写し」を選択します。
⑥交付種別入力⇒記載事項選択⇒部数選択⇒発行内容確認
⑦料金の支払い。コピーと同じように支払いができます。
⑧証明書の印刷


中には、「マイナンバーカード」を受け取っていない人もいますよね。そのような方は近くの区役所に行きましょう(^^ゞ
区役所に取りに行くのは面倒ですが、それでも運転免許証の住所変更や公共料金領収書の発行よりも簡単な方法だと思いますよ。


◇ LINEモバイルの本人確認書類の提出方法って?
住民票取ってきた後どうするの?郵送するの?
いえいえ、LINEモバイルへの本人確認書類の提出はめっちゃ簡単です!スマホや携帯電話のカメラで、
住民票などを撮影してLINEモバイルの申し込み時に貼り付けるだけ!

スマホの撮影の他には、普通のデジカメでの撮影やスキャナーでの読み込みも可能です。注意しなければいけないのが、古すぎるデジカメなどで画素数が少なく文字が見にくい状態や、撮影したものの光の映り込みで文字が見にくいなど、不鮮明な画像データだと提出書類の不備として扱われ再提出の可能性もありますので気をつけてくださいね。
smartphone_photo_syame_man.png
LINEモバイルの申し込み手続きをしていくと「名前」「住所」「生年月日」などの基本情報の入力画面後に、メールアドレス確認⇒本人確認書類の選択画面が出てきますので、撮影した本人確認書類をアップロードしましょう!

ここでの注意点は、本人確認書類と基本情報で入力した「名前」「住所」「生年月日」が一致していなければいけません!名前と生年月日が間違いようがないとしても、住所の書き方には注意が必要です!免許所や住民票の住所を確認しながら基本情報を入力するのがいいでしょう!

他の本人確認書類で申し込みを検討している方は、LINEモバイル公式サイトの「サポート」の「よくある質問」にて調べることが出来ますので、確認してみましょう!
LINEモバイル「サポート」はこちらから


◇ LINE MOBILEのキャンペーンが大チャンス!
大チャンス!と大げさって思っていませんか?LINEモバイルでは 現在「月額基本利用料最大3ヶ月無料」「9GBプレゼント」「MUSIC+利用特典30日間無料チケットプレゼント」と3つのキャンペーンを同時に行われているのです。凄いと思いませんか?しかも、どれか一つを選ぶわけでもなく申し込むプランによって全てのプレゼントをゲットできるんです!そんなお得なの明細を説明します。

▷ 春の新生活応援 月額基本利用料 無料キャンペーン
  キャンペーン内容:利用開始した初月と6月、7月の月額基本利用料が無料
  キャンペーン期間:~3/31(金)まで
  対象者:音声通話SIM(データ+SMS+音声通話)のプランを新規に申し込んだ方


▷ LINEモバイルデビュー応援キャンペーン
  キャンペーン内容:データ容量3GBを3ヶ月プレゼント
  キャンペーン期間:~3/31(金)
  対象者 : コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランを新規に申し込んだ方


▷  MUSIC+利用特典30日間無料チケットプレゼント
  キャンペーン内容:LINE MUSICを30日間無料で利用できる「MUSIC+利用特典30日間無料チケット」
  キャンペーン期間:終了日は未定
  対象者:新規にて「MUSIC+プラン」に新規にて申し込んだ方


「月額基本利用料最大3ヶ月無料」「9GBプレゼント」のキャンペーンに関しては、大手キャリアから番号そのままでLINEモバイルに乗り換え場合は必ず適用するので安心してください!「MUSIC+プラン」は、普通なら申し込まないようなプランですが、キャンペーンを適用したらスグにプランを変更することができますので、30日間無料チケットを受け取ったら、その月のうちに「コミュニケーションフリープラン」に変更しましょう!それだけで30日間音楽が無料で聴き放題ですよ!しかもデータ容量も減らないのでお試しには丁度いいですよね!
キャンペーンの明細はこちらから